弁護士費用について

当事務所の着手金及び報酬体系は日本弁護士連合会の旧報酬規程に準じております。
委任契約締結・ご依頼の前に当該事案の具体的な報酬体系及び金額についてご説明いたしますが、一般的には以下のような費用体系となります。

法律相談費用

初回法律相談料 1回10,000円(消費税別途)

2回目以降   30分5,000円(消費税別途)

ご依頼となる場合には、いただいた法律相談料を着手金の一部に充当させていただきます。
事前のご予約をお願いいたします。

着手金、報酬等

◆着手金  
委任状をいただき調査や相手方とのやりとりを開始する際にいただきます。
交渉段階から訴訟段階(裁判)、訴訟段階から執行段階に進む場合には、原則として別途追加着手金をいただくこととなります。
◆報酬   
事件終了時、成果に応じていただきます。獲得できた利益に応じて、割合での請求をさせていただくことが通常です。
◆中間金  
交渉、裁判が数年にわたるなどきわめて長期化した場合、中間金のご請求をさせていただくことがございます。事案及び状況に応じたご相談をさせていただき、ご納得いただいてからの請求となります。

実費及び日当

◆実費  
移動のための交通費、文書取り寄せ費用実費、郵券、印紙等です。
着手金ご請求の際、予め一定額(1万円から数万円)を別途お預かりし、事件終了時に別途ご精算させていただきます。
◆日当  
出張や宿泊を伴う事案の場合、出張料として日当をいただきます。概ね往復で2時間以上を要する地域の場合発生します。

日弁連の旧報酬規程について

以下のリンクをご参照下さい。
http://www.nichibenren.or.jp/contact/cost/legal_aid.html

PAGE TOP